SITEMAP

JOB TUNK-職種別求人情報-は、今人気の職種について、仕事内容ややりがいなどをご紹介しています。

いろいろな職種を知っていく

仕事をするに当たり、いろいろな業界で様々な職種があります。ここからは、幾つかの業種や職種の紹介をしていきたいと思います。その仕事内容の違い・メリット・デメリットの他、賃金などについても触れていきます。
まずは業界の種類についてです。
あらゆる物の製造業、小売業、販売業、美容業、医療業界、福祉業界などがあります。製品を実際に作っていく仕事や、それを扱って販売していく仕事、美容に関わる接客業の仕事、福祉や医療に携わる仕事など、たくさんの職業や職種が存在しています。もちろん他にもあるのですが、幾つか限定してその仕事内容について紹介することにします。
はじめに製造業についてです。
飲食に関わる製品を作ったり、機械や自動車といった部品を製造する仕事になります。工場内ワークとなっており、作業を分担して、レーンなどを利用してつくっていきます。
メリットは、比較的給与の水準が高く、仕事を見つけやすいところにあるでしょう。正規雇用はもちろん、派遣や契約社員、アルバイトとしての働き方があります。繁忙期などに、短期間に集中して行う働き方もあります。デメリットは、ずっと立ち仕事をするため体へ負担がかかることや、けがをする可能性があるということでしょう。
次は小売業についてです。
食品、生活用品、衣料品といったあらゆる商品を販売する仕事です。
製造された商品をお客様に直接売る仕事ですので、接客も関わってきます。メリットは高い時給の求人が多いことがあり、デメリットは休みが定期的でないというところでしょう。

福祉関係の仕事について

福祉業界でも、ホームヘルパーや介護福祉士といった仕事があります。基本的に介護を必要とする高齢者や障がい者の人の身の回りの世話をしていく仕事です。
食事・入浴・トイレの介助など、生活に関するあらゆる介護をしていきます。
比較的に給与水準は高いですが、労働内容に比べれば低い賃金だと一般的に言われています。仕事内容が重労働で、肉体労働が多いものとなりますので、体への負担も大きいものとなります。こういうところはデメリットと言えるでしょう。しかし、利用者さんの喜ぶ顔や誰かの役に立てるというやりがいもあり、そこはメリットでもあります。求人の募集も多い職種のため、比較的就職しやすい業界と言えます。

【はたらいく】介護福祉士の求人・転職情報
http://www.hatalike.jp/PJT_03/SJT_0309/

このページのTOPへ